Staff Blog
トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

2008年4月 のアーカイブ

「脳のマッサージ」シローダーラーとヘルシンキ・フォーミュラとの相乗効果

2008年4月25日 金曜日

ヘアケアルームで使用している、シローダーラーのオイルは、
ココナッツオイルをベースに、髪に良いと言われている様々な
緑色のハーブエキスを多く添加
することにより、変性意識体験
(瞑想やヨガ等でもたらされる、宇宙との一体や強い至福等を感じる事)
を深くして、イライラや不安などの軽減、手足の皮膚温の上昇などの
変化が体感しやすくなっています
。(弊社:生活のスパイス vol.9より)
 
このシローダーラーのオイルは、
高純度で特別な油を使用しています。
また、なぜ一般的なゴマ油ではなく、ココナッツ油なのかは、
ゴマ油は温度が急激に上昇します。
それに比べココナッツ油は徐々に上昇します。
敏感で、大切な脳をマッサージするにあたり、
徐々に頭部の温度が上昇するココナッツ油が望ましいのです。
 
脱毛や抜け毛を防ぐには、発毛の阻害となる、
頭皮の毛穴に詰まった酸化皮脂をキレイに落とすこと
です。
もっとも肌に優しく効率の良いのは、乳化により、
固く粘り気のある酸化皮脂を水と中和させて、
丸ごとキレイに洗い落とさせる事です。
 
この乳化の力を使って、頭皮と育毛の環境を整えさせるのが
ヘルシンキ・フォーミュラ
これに、自然療法と言われるシローダーラーの相乗効果で、
より頭皮を若返らせる
ことが出来るのです。
 
それはまず、シローダーラーを施し、毛穴を開かせ、
頭皮を解毒
することで、さらにその後につける
乳化剤の浸透がさらに良くなる
のです。
 
シローダーラーの後で、ヘルシンキ・フォーミュラ
コンディショナー&シャンプーで仕上げることにより、
毛根を健康な状態へと導きます。
シローダーラーとヘルシンキ・フォーミュラのダブル作用は
まさに頭皮のデトックス
と言えるでしょう。
 
シローダーラーの施術を定期的に行っている、30代の女性から、
  「ケアルームに通うのは、頭皮の状態と抜毛の本数
   自覚
することが出来るし、さらにシローダーラーを行うと、
   気持ちが前向き
になれるのです。」
 
という印象的な感想を聞かされ、脳は身体以外の心にも作用するのだと、
私自身考えさせられました。
 
※シローダーラーは、身体の状態や生活習慣などにより、
 お客様の感想は異なります。
 同じお客様でも体調などにより、施術の感想が
 日により異なることもあります。
 あらかじめご了承ください。

「脳の緊張」である脳疲労は、睡眠では解決できないのでしょうか?

2008年4月23日 水曜日

4月を迎えて、新年度として新しい環境や職場に変わり、
季節的に大きく変化をする、この時期は、
心も身体も緊張している方も多くいらっしゃることでしょう。
 
ヘアケアルームをご利用くださるお客様にも、
  「地方へ転勤になってしまい、
   通うことが出来なくなって残念です。」
とか、
  「●●方面にはヘルシンキ・フォーミュラの系列のお店は無いのですか?」
 
などの問い合わせが多く、私達スタッフも、
このケアルームを信頼してくださっていることを感じ、
嬉しく思い、そして、申し訳なくも思っております。
 
ここ最近、「脳疲労」や「デトックス(解毒・浄化)」という
単語をお客様との会話の中で耳にします。
パソコンでも検索され、情報を得ているそうです。
このブログでも、シローダーラーについては書いてまいりました。
 
頭(脳)の前頭葉の緊張がほぐれ、
身体に癒しを与える「シローダーラー」
この前頭葉は、大脳の前側の部分で、
思考・意欲・感情・性格・理性などを司り、
人間が社会的に暮らすための大事な部分
です。
 
不安やストレスの多い現代人は、この前頭葉がこわばり、
結果、心と身体に様々な悪影響を与えてしまいます。
脳の緊張とこわばりを無くす事は難しいことですが、
  「外部から脳のマッサージが出来るのは、
   シローダーラーしかない。

とも言われています。
 
日本アーユルヴェーダー学会の理事、
上馬場(うえばば)先生の研究によると、
  「前頭葉の緊張がほぐれて、究極のリラクゼーションが
   得られるうえに、頭皮の毛穴を緩めて、を出しやすくし、
   デトックス効果もある。

と説明されています。(弊社:生活のスパイス vol.9より)
 
シローダーラーを初めて体験したお客様で、
男性の方、10人中の9人は、
完全なリラクゼーションを味わうことが出来ず
逆に女性の方は10人中1人は、
完全なリラクゼーションを味わうことが出来ないそうです。
しかし、1度では無く、回数を重ねてくださると、
2回目以降はより早く、そして深いリラクゼーション効果を
体験される方は男性の方が多い
のです。
上馬場先生によると、
これは「男性と女性の感性の違い」とのことです。
 
事実、ヘアケアルームには、シローダーラーの理解をされた
男性のリピーターのお客様が数多くいらっしゃいます。
施術中、または施術日の夜は、普段よりも熟睡され、
次の日は壮快に目が覚めて、質の良い睡眠
が出来る。
頭がスッキリして軽くなったなど
と喜ばれる方も多いのです。
 
ヘアケアルームでは、ゴールデンウィーク中も
通常営業
いたしております。(予約制
遠方にお住まいの方、この連休をご利用いただき、
「究極のリラクゼーション」を体験なさってみませんか?
 
スタッフ一同心より、お待ち申しております。

これからの汗ばむ季節に…ニオイとニキビと毛穴ケア

2008年4月11日 金曜日

体臭が気にならないという方は、どのくらいいらっしゃるのでしょう。
男性も、女性も少なくとも他人の臭いには気づくものです。
それが、心地良いものなのか、
それとも顔を背けたくなるのか・・・
 
ご自分の体臭を自覚している方は、
何とかして香水や、オーデコロン、制汗剤等で、
ニオイを紛らわそうと努力なさっていることでしょう。
 
でも、ニオイの元を残したままだと、
ニオイにプラスされてさらに独特なニオイ
となってしまいます。
どうせなら、紛らわせるのではなく、
ニオイ自体を取りたいと思いませんか?

今日は、フォーミュラBBソープを使用して
「足の裏のニオイ」を簡単に予防しておられるお客様のお話です。

仕事がら1日中パンプスや、
通気性の良くない「靴」を履いていてるため、
毎日靴を脱ぐたびに、そのニオイに憂鬱になるそうです。

以前は、まめに活性炭やニオイ取りなども使い、
モチロン足は毎日かかさず洗っていました。
ですが、靴から足を浮かせるだけで、モワッと・・・。
これも体臭ですが、もはや悪臭です。
 
  「ニオイの原因も酸化皮脂ですから、
   Bソープ全身のニオイの予防はできますよ。」
と伝えたところ、
さらにフォーミュラB薄くサッとお塗りになってから、
5分後にBソープで洗い流す
という徹底ぶりをされました。
 
その後の使い心地は、
  「足の裏のサラサラ感の持続性がすごいです。
   フォーミュラBは、顔だけではなく
   使い方が幅広いのですね。」
 
そうなのです。
フォーミュラBは、毛穴に詰まった酸化皮脂乳化
落としやすくするもの
です。

そして、ニオイの原因である、酸化皮脂を取り除く
(ニオイは雑菌が酸化皮脂を餌として分解しているときに出します)
ということで、お顔の毛穴の汚れを落とす以外に、
ワキの下や、足の裏の酸化した皮脂にもお使いいただけて、
ニオイの予防も出来る
のです。

今回のケースは、フォーミュラBとBソープによる
W効果
による結果です。
 
Bソープのみのご使用でも体臭は予防できます
なぜならフォーミュラBの乳化成分を配合しているからです。
このW効果は、ニオイのみならず、
背中二キビまでも予防できてしまうのです。

それから、フォーミュラBをお顔に使わている
お客様
がよくいうことがあります。
  「透明感が出てきた」
という効果です。汚れを落とすことで、
肌がキレイになる
のはもちろんのこと、
邪魔なものが取れ、肌サイクルも正常化されて、
透明感が出てくるのです。

それと、もうひとつよく言われることは、
  「化粧崩れがしにくくなった」
これは、脂汚れの上に化粧をしても、
うまくお化粧は定着せず、
さらに出てくる皮脂でベトベト
になります。

これらは、女性が多く感じるみたいですが、
男性でも感じることがあります。
  「毛穴が小さくなった」
これも、毛穴に詰まった角栓が毛穴をドンドン広げてしまうのを、
ストップ
させ、毛穴をキレイにした後で、
調整水でタップリと水分補給
するからです。

毛穴ケアで、見た目もニオイも変える事が出来るのです。

特別な乳化の力で頭皮のデトックス。

2008年4月4日 金曜日

前回、弊社のシャンプーの特徴である、
「乳化」について、お話しをしましたが、
今回はもう少し詳しくご説明しましょう。

「乳化」を特徴としたシャンプーは、他社様でもよくあります。
では、どこが違うのでしょう?

洗髪前の毛穴周辺をマイクロスコープで見てみると、
毛穴が酸化した皮脂で詰まっていたり、
髪の毛に皮脂が伝い、そこで汚れを付着させて固まっていたりと、
大分汚れているのが分かります。

ここへ、コンディショナーを落とすと、
たった10秒後には、もう乳化作用が始まります。
ドンドンと溶け出していく酸化皮脂とともに、
頭皮がキレイになっていくのは、目で見ても分かります。
そして、5分後には、キレイな毛穴
になっています。

ヘルシンキ大学の研究でも、この乳化剤は、
?頭皮に投与すると、毛根にも浸透していく。
?洗浄効果があり、頭皮の脂や古くなった皮膚の残りかすが
 取り除かれるだけではなく、毛穴から内側の脂が排出される。
と研究報告がありました。

?の毛穴の内側の脂とは、
皮膚の細胞に含まれていた、
過剰なコレステロール
のことでした。
これは、前回の話しでも、
脱毛の原因の一つにあげられる要素です。

更に研究結果では、
?毛根の細胞分裂が活発になる。
?皮膚の血液循環が促進される。
となっています。
つまり、コレステロールが乳化作用でほどよく取り除かれると、
毛母細胞は、活発に分裂し、髪は成長してくれる
のです。

1976年に、この乳化剤の力を発見されてから、
さらに、10年近くの研究の結果、
ようやくヘルシンキ・フォーミュラ
アメリカで発売され、その後日本でも販売に到るのです。

同じ材料を使用しても、調理次第で味が変わるのと同じで、
その調合方法一つで製品の優劣が生じてしまいます。
ですから、ヘルシンキ大学での研究の後、
莫大なコストとアイデア、そして、
その効果を最大限に発揮できる特別な調合方法で、
今のヘアケア製品が完成されるのです。

さて、あなたは、髪を洗った後、
頭皮が痒くなったりしていますか?
または、日中、頭をポリポリと掻いていたりしませんか?
なぜ、頭皮は痒くなるのでしょう?

そういうお悩みをお持ちのお客様の頭皮を
マイクロスコープで見ると、
髪の根元や毛穴に汚れが付着していて、
頭皮がよく洗えていない
事が分かります。
実は、残念ながらヘルシンキ・フォーミュラのシャンプーを
使っているお客様でも同じ事が多々ありました。
どうしてなのでしょう?

どんなに毛穴をキレイにするシャンプーを使用していても、
頭皮をキレイに洗うために開発されたシャンプーで、
髪を重点に洗っていては、汚れは落ちません。

酸化皮脂は、栄養価が高いので、雑菌やマラセチアという
カビが餌として繁殖
していきます。
放置しておくと、皮膚に炎症がおき、痒みを伴い、
地肌が痛んできます。そしてフケも発生してしまうのです。
こうなると、髪のサイクルも乱れてきます。
髪は短命に終わり、次の髪への生え変わりも遅くなるのです。
たとえ出てきても、充分に育たないため、細く弱弱しくなります。

この話し、どこかで聞いた事ありませんか?
そう、肌に出来るニキビと同じ過程です。
肌が荒れてくると、皮膚の新陳代謝の周期も乱れ、
キレイな肌をつくる事ができなくなり、
トラブル肌となるのです。

顔も頭も同じです。
皮脂は皮膚を守るために必要なものです。
ですから、誰にでも毎日、どんどんと分泌するのです。
しかし、時間が経った古い脂は、様々な悪影響を与えてきます。
余分なものをいつまでも残していると、トラブルとなるわけです。

次々出てくる新しい脂がキレイに役立てられるように、
古い脂を、安全で楽にキレイに排出していくことが、
肌や髪の健康に必要
なことなのです。

しっかりと、頭皮や肌が洗えている方は、
そのサッパリした壮快感から、他では得られないと

トリコになって下さっている方々も多数いらっしゃいます。
どうぞ、皆様もサッパリ感を味わってみてください。