Staff Blog
トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

2008年7月 のアーカイブ

ケアルームお客様の声(Tさんの場合)

2008年7月31日 木曜日

お客様のTさんは、
コンディショナー&シャンプーを使用し、
定期的にヘアケアルームをご利用いただいています。
商品の愛用やリピーターとなった経緯を
インタヴュー形式で、お答えいただいたので、
そのまま紹介いたします。
Q:2006年8月にヘアケアルームに初来店下さいました。
  弊社の商品とヘアケアルームをお知りになったきっかけは何でしたか?
 
   A:2006年8月に、初めてシローダーラー施術を受けましたが、
     貴社製品を知ったのはそれ以前のことです。
     1996年に前頭部が少し薄くなってきた気がした頃
     中原ひとみさんの書かれた書籍で、
     ヘルシンキ・フォーミュラの製品を知ることとなり、
     使い始めました。
     その後、効果が出てしばらく止めておりました。
     しかし2004年頃にまた、前頭部が薄くなってたことから、
     インターネットで、ヘアケアルームを知りました。
Q:弊社ヘアケア製品使用し始めるきっかけとなった
  その当時の頭皮頭髪のトラブルについてお聞かせ下さい。
 
   A:朝、髪をセットする際、抜毛が多い
     頭皮に赤みがあり少し痛みを感じて、さらに前頭部  
     が薄くなり始めた
ことが使用のきっかけです。
 

 
Q:現在使用している商品は、何でしょうか?
  いつから使用し始めましたか?
 
   A:ヘアー関連ではコンディショナー&シャンプーヘアーパック
     以前はフォーミュラA使っていましたが、
     現在は、中断
しています。
     他にスキンケア関連ではクレンジングソープを使っています。
     (コンディショナー&シャンプーは2006年8月から、
      ヘアーパッククレンジングソープは2007年の半ば以降から
      愛用しています。)
 

Q:現在使用している商品は、何でしょうか?
  ヘアケア製品を使用して、いつごろから、
  どのような効果を感じはじめましたか。
 
   A:コンディショナーとシャンプー使用して3ヵ月ほどして
     抜毛が減り始め、頭皮の痛みも減ってきました。

Q:「製品の良い部分」と、
  もし「悪い部分」がありましたらお聞かせ下さい。
 
   A:脂性なのですが、頭皮のかゆみが痛みが減り実感できる点と、
     肌に悪くないものを成分として使っている点が良いと思います。
 

Q:フォーミュラAの使用を中断した理由をお聞かせ下さい。
   
   A:特に理由はありません。
     ヘアケアルームでシローダーラー施術の際、
     コンディショナーとシャンプーヘアーパックの組み合わせで
     使用されており、それでじゅうぶんかと思ったのです。
     短い期間での使用だったことから、効果を意識しておらず・・・。
     より効果をもたらすのであれば、
     ぜひフォーミュラA使いたいと思います。 
Q:シローダーラーの施術の目的は何でしょうか?
 
   A:ストレスを感じている毎日ですが、
     一番の目的はリラックス出来ることです。
   

Q:シローダーラーはTさん自身にどのような効果がありましたか?
   
   A:リラックス出来る点が頭皮や毛髪に
     とてもいいと感じております。
 

Q:実際に、ご自分で発毛の実感はありますか?
 
   A:なんとなく、前頭部の抜毛が減ってきた感じはしていました。
     頭皮チェックのマイクロスコープで、弱々しい髪が、
     若干強くなってきた
のではと、思っております。
     髪が増えたのでは?といってくれていますが、
     正直これからのことも不安なので、
     しっかり続けたいと思っています。
 

Q:シロダーラと弊社製品との相乗効果について
  Tさんの感じていることをお聞かせください。
 
   A:定期的なチェックも受けられるシローダーラと
     毎日安心して使用できるヘアケア製品
     これからも長く愛用していきたいと考えております。
 

Q:最後に、当ケアルームを定期的にご利用いただき、
  コンディショナー&シャンプー愛用下さっている
  Tさんの思いを自由にお聞かせ下さい。
   
   A:それまでのシャンプーの仕方が間違っていたことなど、
     洗い方が随分変わりました。
     アドバイスをプロの方から直接受けらることが
     有りがたいと思っています。
     シローダーラ、シャンプーの後、抜毛数をかぞえ、
     状態を教えて下さる
ことなど丁寧で助かります。
  
 
Tさんは、50代の男性です。
定期的に施術を受けてくださることにより、
頭皮頭髪の状態の変化がご自分でもわかるようになったようです。
カウンセリングの際、頭皮をマイクロスコープで診断、
毛穴から若い髪(発毛してきている髪)を確認
しました。
実際発毛していることにTさん自身も驚いておられました。
 
髪が発毛していく環境を整えることにより、
毛髪のサイクルも整えられていくことになります。
 
Tさんには、ビタミンとアミノ酸の働きで髪の伸びを早め、
頭皮の血行を促し、毛乳頭への栄養補給を多くすることで
育毛促進
するフォーミュラAをお勧めしたいと思っております。

「感情」から老化する・・・

2008年7月24日 木曜日

弊社で、発行しているニュースペーパー、「生活のスパイス」は、
より詳しくヘルシンキ・フォーミュラアイラボ
ヘアケアケアルームに関して紹介したり、
愛用者からの質問や配合成分がどのような働きをしているのか
裏技などを毎号紹介しています。
最近発行された、最新号での特集記事の反響が大きいので、
今回ブログでも、ご紹介いたします。
 
今回の号で紹介している書籍が
 「人は、感情から老化する」 和田秀樹著  (祥伝社新書)
です。
この本を読んでみて、スタッフも驚くと同時に、
日々の生活を考えないとと、少し怖い気持ちになりました。
どのような内容かというと、
 
    感情をつかさどる「前頭葉」から縮みはじめる・・・
 
「老年精神医学」を専門にされ、
今まで数千枚もの脳のMRI、CT写真を
目にしてきた精神科の先生である著者は、
 
老化に関する脳の変化で、
以外なのは物忘れがひどくなったり、
記憶力が衰えたからといって
記憶をつかさどる「海馬」が縮むわけではなく、
「海馬」よりもっと先に縮む部位がある。
と言うのです。
 
それが大脳の前の方の部分
「前頭葉」。
思考、意欲、感情、性格、理性などを司る部分。
 
泣いたり、笑ったり、腹を立てたり
このような原始的な感情は、
脳の「辺縁系」
という部位が司り、
前頭葉は、もっと微妙な感情や感情に基づく
高度な判断を担う
、司令塔です。
 
その司令塔が、縮む・・・。

「感情機能」や「自発性」や「意欲」を司る
前頭葉から人間の脳の老化が始まり、
さらに感情が老化し、
「意欲」や「自発性」や「好奇心」が低下すると
体を動かさなくなったり、頭を働かせなくなるので、
他の機能の老化が進むということがあるそうです。
 
もっとショッキングだったのは、
感情の老化は個人差はあるが、
なんと、40代から始まるそうです。

このような恐ろしい事にならないためにも、
日々の暮らしの中で、若さを保つための生活術
なども記述されています。
 
年齢的には、まさしく感情の老化が始まりつつある自分も
ひとごとではないと思いながら、このブログを書いているのです。
 
アーユルヴェーダ
(心と体をホリスティックに扱い、病気の治療だけでなく、
 健康増進や若返りをもたらす方法を教えてくれる生活の知恵)
のなかで、オイルトリートメントの一つであるシローダーラー。
 
このシローダーラーが持つ、
緊張し、凝り固まった脳の前頭葉部分を
緩める作用
があるというこの事実と、
温められ、緩んだ毛穴に
ヘルシンキ・フォーミュラコンディショナー
塗布することで、落としづらい酸化した皮脂
乳化して落とし、育毛の環境を整えることを加速
させる。
(頭皮が温まり、毛穴が開くので、
 コンディショナーの浸透率も倍増します)

心と体、内側と外側から同時にアプローチが出来るとは、
すごい施術
だなと思うのは、私だけではないと思います。

無料モニター 募集続行中!

2008年7月16日 水曜日

人気の高い、ヘルシンキ・フォーミュラ無料モニターですが、
今回スキンケアのモニターをもう少しの間、募集を続行します。
まだ知らなかった方は、チャンスです。

夏は皮脂の分泌が盛んな時期です。
今年はキチンとしたスキンケアを指導してもらい、
毛穴の中からスッキリ
とした夏を迎えるのはどうでしょうか?

アブラ顔、ニキビ肌でお悩みの方には、嬉しいモニター情報です。
ヘルシンキ・フォーミュラ製品もアイラボ製品も
男女共に使用出来る製品なので、
モニターも男女関係なく募集
しています。

モニター公募の中に、重度の方はご遠慮くださいとなっています。
これは、ニキビで皮膚の炎症が酷い方などの事ですので、
重度のアブラ顔の方は遠慮なく応募ください。

採用させていただけた方には、
「毛穴の大掃除セット for Men」もしくは
「毛穴の大掃除セット for Women」を3セット差し上げます。
(女性はメイク落としなどがあるので、内容物が違います)

モニター採用者には、
?肌の診断とカルテ作成
?ケアルームでスキンケアの指導
?ケアルームで写真撮影(お顔と気になる部分)
?ご自宅で指導したスキンケアを2週間実施
?ケアルームで写真撮影(お顔と気になる部分)
?モニターの感想レポートを記入

以上6ステップです。

お顔全体が無理な場合は、目から下の写真でも構いません。
乳化の力がどれだけ凄いのかなぜ乳化なのか?
スキンケアを指導してもらって、毛穴からのスッキリ感を体験し、
サッパリした夏を無料で過ごせるチャンスです。

応募はコチラから♪

みなさんの応募お待ちしています。

お得な夏のキャンペーン始まる!

2008年7月11日 金曜日

夏と冬の年2回ある、弊社のお得なキャンペーンが始まります!
(期間:7/12(土)〜8/4(月))

今回も、1万円以上お買い求めのお客様に
豪華なプレゼントが付
いてきます!
毎回、この時を狙ってまとめ買いされる
お客様も多いのがうなづけます。

今回の夏のキャンペーン限定販売の特別セットは、
先日新発売されたジェル」が加わった
スキンケアセット
となっています。
通常の総額は16,535円(税込)ですが、
今回は12,600円(税込)で販売です。
これは、約4,000円近くもお得!
(さらに、1万円を越えているのでプレゼントもゲット出来ます!)

ジェルが発売されて気になっていた方、
9,000円近くはちょっと…と思っていた方、
お試しになるチャンスですよ!

夏は、汗などで肌が湿っているので、
保湿が出来ていると勘違いしがち
です。
そのため、肌内部に充分でない保湿のケアになりがちです。
さらに、クーラーなどを使うため、乾燥は起こってます。
乾燥は肌荒れだけでなく、ニキビの元にもなります。
季節の変わり目に肌のバランスを崩さないように、
今から小まめに充分な保湿
をしておくのがベスト。

そのためには、まず毛穴を清潔にして、
化粧水などの浸透率を上げるのが一番
です。

また、夏は特に多くなるストレスや紫外線、アレルゲンなどによって
発生する、プロトン(プラスイオン)は活性酸素と結びついて、
細胞を傷つけ
るので、肌トラブルの元です。
調整水に含まれる有機ミネラルイオンや
ジェルに含まれるコエンザイムQ10は、
その活性酸素を取り除く
効果があります。
トラブルになる前にしっかりしたケアで防いでいきましょう。

夏は汗と共に皮脂の分泌も盛んです。
寝具や襟ぐりが気になるなんて方には、
Bシャンプーコンディショナー&シャンプー
フォーミュラBソープで毛穴の中からスッキリ
しましょう。
汗の成分は皮脂と混ざり、時間が経つとネバネバして
皮膚に残り、毛穴を塞いだりします。
汗は肌をアルカリに傾けるので、かぶれなどのトラブルの元です。
そのうえ、汗の臭いは、嫌な虫も寄せ付ける原因にもなります。
乳化の力でしっかりと洗い落としていると、
寝具の臭いや襟ぐりの汚れ具合も変わってきます。

さて、ヘアケアですが、コンディショナー&シャンプーは、
両方同じ頃に使い終えるのがベスト
です。
でも、なかなか上手く使えないと言う方、夏のキャンペーンで
1万円以上につくプレゼントで、無くなる方を選んで貰えば安心ですね。
また、いつもBシャンプーという方は、
コンディショナーを選んで
さらに乳化の力をアップ
させるのも良いでしょう。

日本の夏はムシムシと、汗なのか湿度のせいなのか
ベタベタとまとわり付くような不快感が付きまといます。
ヘルシンキ・フォーミュラヘアケアボディケア
アイラボスキンケアをして、
是非是非、皆様もサッパリと過ごしてください。

食べ物は体も髪も作る。

2008年7月3日 木曜日

前回は、体や髪に良くないものを排出させる事を紹介しましたが、
今回は、逆です。
毎日の食事で、髪に良いものを取り入れるようにしてみましょう。

良いものと言っても、1品だけを毎日食べ続けるものではありません
体や髪は一つの栄養素から作られているわけでは無いので、
バランス良く、コツコツと続けることです。

?良質のタンパク質
 こう聞くと、赤味の肉?と思うかもしれませんが、
 肉類は、コルステロールが男性ホルモンの作用を
 強める可能性が高いです。
 
 大豆製品やコラーゲンなどから取るのが望ましいでしょう。
 コラーゲンも、肉類以外では、納豆、なめこ、オクラ
 などにも多く含まれています。

?血行を促す食品
 小松菜、ほうれんそうなどの緑黄色野菜でビタミンAを
 玄米、胚芽米、ゴマ、胡桃、アーモンドなどのビタミンEを
 (ただし、胡桃やアーモンドは油分が多いので大量摂取は避けて下さい)

?ヨード
 ヨードは甲状腺を刺激させ、発毛を促すといわれいます。
 わかめにはこれが含まれています。

?セレニウム
 メラニンの元となり、玄米にある抗酸化作用を助けます。
 マグロ、甲殻類(エビ、カニ)、玉ねぎ、トマトなど

?アルカリ性の食品
 これは、細胞の老化を防ぐためのものです。
 にんじん、ほうれんそう、トマト、大根などの野菜や
 ミカンなどの柑橘類です。

更に大事な事は、コルステロールを貯めないこと。
脂肪、アルコールは控えめにしましょう。
食物繊維は多めに取り、タコ、イカ、貝類に多いタウリンや
イワシ、サバ、アジなどに多いエイコサペンタエン酸(EPA)も
摂取すると良いでしょう。

きちんと摂取(食べて)して、きちんと排出。
エネルギーを作り、使うことは
生きていく上で、毎日繰り返されることです。
上手にすることは、エネルギーの燃えカスを極力残さないで使い切るか、
燃えカスが出たら、排出することです。

よく、皆さんお水を飲まれているようですが、
冷たいお水はあまり良くありません。
特に夏場の冷たい飲み物は夏バテの原因にもなります。

アーユルヴェーダーでは、白湯が良いと言われています。
暖かい白湯を小まめに1日に何度か飲まれると良いでしょう。

排出器官としては、汗などでも毒素を出しています。
スポーツで汗が流せなくても、
毎日入浴で毛穴を開かせて、汗を出すことも大切です。
その毛穴を塞がないように、毎日のヘアケアスキンケアボディケア
欠かさない事が有効
なことでしょう。

体全体毛穴の汚れは、残さずキレイに落とす
ヘルシンキ・フォーミュラなら、それが可能
なのです。