Staff Blog
トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

2008年9月 のアーカイブ

毛穴にフケが溜まると痒くなる?

2008年9月25日 木曜日

実家の母が、腕を怪我してしばらく洗髪できなかったのです。
数日ぶりで私が洗髪してあげた際に言った言葉が
 
 母 「フケが毛穴塞ぐと痒くなって毛がたくさん抜けるのよ。」
 
 私 「そりゃそうだよね。頭洗えなかったんだから・・・えっ?」
 
なんとなくかわした会話なのですが、
70後半の母が皮脂とフケの区別が付かないのも、当然です。

夏が終わったとはいえ湿度が高く、雨が降ったりやんだり、
空気が乾燥しているわけではないこの時期の痒み。
ポロポロと白いフケのように落ちてくるようであれば、要注意です。
 
頭は皮脂腺、汗腺が共に顔よりも多く
多毛なため、汚れを落としづらい場所です。
そのため、落とせなかった分泌物が元で脂っぽくなり、
微生物や細菌が繁殖
しやすくなります。

これらの微生物や細菌は汗の水分や、
皮脂と、脱落した角質細胞(フケ)などを食べて生きている
のです。

皮脂と汗の水分の混合物を皮脂膜といい、
色々な化学物質から出来ています。
皮脂や汗の分泌には環境や個人差がありますが、
老若男女誰でもが毎日分泌しているものです。

そのため、頭部を3〜4日洗髪しないと
臭ったり、痒くなる事があります。
また、毎日洗髪していても、
きちんと落とせていない場合も同様な症状
となります。

これは、微生物や細菌の増殖や、
紫外線の影響で変性した化学物質が
頭皮を刺激している
ためだともいわれています。

洗髪しない、または洗髪がきちんとされていないでいると、
時には地肌が赤くなったりします。
つまり、頭皮に炎症が起こったわけです。
 
このような炎症が起きると
表皮の細胞周期が早くなり、
角質細胞は普通より早く剥離する
ようになります。

角質細胞が完全に角化しないまま
塊となって剥がれ落ちて
しまう。
これが目で見ることが出来るフケとなります
 
このような病的なフケの発生を予防するために、
毛穴に詰まった、酸化した皮脂を
簡単に洗い落とせるのがヘルシンキ・フォーミュラシャンプー

 
母の洗髪しながら、この事を説明しても
右から左に受け流されてしまいましたが・・・。
 
 母  「4日ぶりのシャンプーだから。あ〜さっぱりした。」
 
 私  「それだけでなく、ヘルシンキ・フォーミュラシャンプーだから
     よけいに・・・でしょ!」

お客様の感想(埼玉県在住:30代のK.K.さんの場合)

2008年9月18日 木曜日

『シローダーラー』という言葉も、お客様の間では
かなり定着してきた様子です。
雑誌などを見て初来店されるお客様以外に、
『シローダーラー』をweb検索して来店される方々も増えています。

『シローダーラー』の今までのお客様から聞いたイメージですと、
キレイな女性が仰向けで施術を受けている写真で
エステか美容か?
どちらにしても女性だよね?
というような感じでした。

でも、実際は緊張して疲れた脳をマッサージするもので、
男女関係なく施術
するものです。
当サロンでも男性ファンがとても多く
特に日々忙しくてゲンナリしているお客様のリピート率が高いのも
効果が得られているという現状
が表れているようです。

そんな中でも、埼玉県在住:30代のK.K.さんは、
1年ほど前から通い続けてくださっている熱心な男性ファンです。

初来店のきっかけは、彼女に髪の分け目が薄くなったと
悲しい事を言われて
しまったそうです。
初回の抜け毛は141本でした。
通常の抜け毛は50〜80本と言われており、
一過性のもので、100本くらいまででしたら大丈夫です。
これが続いた場合は早めのケアをオススメします。

K.K.さんが初来店されたのは丁度昨年の今頃です。
秋は抜け毛が増える時期なので、
こんな事言われた後で、これだけの抜け毛と教えられたら
さぞ、気になった事でしょう。

仕事はとても忙しいそうで、来店されるたびに
疲れている感じでした。
実際、ご本人からも時々「凄く疲れている」とのお声も出ており、
聞けば徹夜続きのお仕事になっているという状態も多々あるそうです。
そんな多忙の中でも、お時間を作って月に1〜2回ほど
来店
してくださっていました。

時間を苦心して作ってくださり、空いた時間に
タクシーで乗り付けた事もあるタイトスケジュール。
そんな状態ですので、シローダーラーの施術中は
スグに熟睡されることも多かった
ようです。

寝不足は、皮脂腺を活発にさせてしまうので、
頭皮がベタベタになりやすくなります。
なるべくなら、寝不足をしない方が頭皮にも体にも良いのですが…

ご自宅でも、ヘルシンキ・フォーミュラ
シャンプーをお使いになり、
先月来店された時には、抜け毛は48本。
忙しい中でも、ご自宅でのケアも頑張っていられるようで、
今ではマイクロスコープで見ても、
頭皮の状態が随分と改善
されているようです。

最後にK.K.さんから、お声をいただきました。
   ヘルシンキシャンプーを使っていましたが、
   昨年夏のBeginの掲載を見て、
   ケアルームのシローダーラーを初めて受けました。
   温浴や、岩盤浴等、いろいろ体験しましたが
   自分自身にとってこの施術は特別なものになっています。
   というのも、仕事が忙しくて2〜3時間しか
   睡眠が取れなかったり、
   とにかく疲れた時に20分程度のオイルの流れの中の時間は
   とても気持ち良く、熟睡したように頭がスッキリします。
   不思議と気持ちがイライラしなくなりました。

K.K.さん、聞けば整体にも通われているようです。
忙しいく体を酷使していらっしゃるからこそ、
自分の体や健康にも気を使っていらっしゃる
のでしょうね。
ご多忙や遠方でシローダーラーを体験出来ない方でも
毎日の洗髪の時、地肌をマッサージしながら、
丁寧にシャンプーをするのも有効
です。

1日の皮脂汚れや疲れをリセットし、
自分の体を労わるする気持ちで、毎日のケアを続けてみてください。

抜け毛で秋を感じてませんか?

2008年9月11日 木曜日

このブログでも、何度か紹介している『秋の抜け毛』ですが、
そろそろ涼しくというより、今年は寒暖の差が激しく、
急に涼しくなってきた様子ですね。
ここ最近、シャンプー時以外でも、
髪の抜け毛が増えたとお悩みの方々も多いと思います。
なぜ、秋は抜け毛が増えるのでしょう?
原因となるのは様々な話がありますが、
夏の暑い時期のツケが、この時期にドッと出る事が多いそうです。

例えば、強い紫外線、海やプールでの塩分や塩素
暴飲暴食、冷たいものの摂取で胃腸への負担
食欲不振での栄養不足。冷房での血行不良
汗をかくことによるカリウムとナトリウムの体内バランスの低下
寝苦しい、または遊んでしまっての睡眠不足睡眠の質の低下
などなど、取り上げたらキリがありませんが、
誰でも、なりえる行動です。
このような行動が夏バテとなり、涼しくなった今、
頑張って緊張していた体がホッとして、疲れもドッと出てくるのです。

そうなると、体の外部や内部で痛めつけられた
の毛やその元の毛母細胞も、正常な働きが出来なくなります。

また、夏は皮脂腺も活発な時期です。
一般に、皮脂腺が活発な場所を顔の場合はTゾーンといいますが、
同じように、頭皮でも皮脂腺が活発な場所があります。
それは、Tゾーンの延長線にある、おデコから頭頂部にかけてです。

さらに、頭皮はTゾーンよりも
皮脂腺が2〜3倍活発な場所
といわれています。
ですから、Tゾーンが脂っぽくないから、脂性ではない。
と思っている方でも、きちんと不必要な分の脂の
頭皮ケア
をしてあげる必要があります。

皮脂は時間が経過すると酸化して、粘度が高くなるので、
なかなか落ちづらいものです。
乳化で優しくキレイに取るのがおすすめです。

皮脂腺はストレスを受けると、さらに活発になるので、
睡眠や生活環境も関係してきます。
暑くてダラダラと過ごした夏も終わりました。
ここらで喝を入れましょう。

生えている髪の毛の方は、細胞が角質化したものです。
ヘアーパックなどで、保護する以外には
根本的には再生できない
ものです。

ですから、強い髪・キレイで健康な髪を作るには、
根本である毛穴の中にある毛母細胞が大切
なのです。

1年でも、この時期は通常より抜け毛が増えるそうですので、
一過性の物でしたら、心配はありません
今年の夏は大変だった、またはハメを外しすぎたと思って
体の立て直しや来年への警告と思ってください。

でも、秋を過ぎても抜け毛の量が多いままでしたら、
抜けにくい、強い髪・キレイで健康な髪を作るために、
体や頭皮の事をきちんと考えて、
もう一度自分へのケアを見直してみましょう。

洗髪の順序でニキビを予防

2008年9月5日 金曜日

皆さんは、入浴の順序はどのようにしていますか?
●体を洗う
●髪を洗う
●顔を洗う
●お湯に浸かる(シャワーを浴びる)

まず、一番初めは体を洗うという方、
背中のニキビに悩んだりしていませんか?

洗顔してから髪を洗うという方、
顔のニキビはいかがでしょう?

背中や顔のニキビ予防には、
髪をまず最初に洗うのがベストです。

シャンプー剤やヘアーパック(リンスやトリートメントなど)を
使用しているとき、思いのほか、背中や体、顔(頬や額など)に
洗剤成分が肌について残る
ことがあります。
これが肌に付着して刺激し、ニキビの原因になる場合もあります。

よくありがちなのが、ヘアーパック等を髪につけた後、
少し残して
おいた方が髪に浸透したり、保護になるかな?
と自己判断して、ゆすぎ洗いをしっかりとしない方。
これは、間違いです。

ヘアーパック等は残しておくと、
頭皮に付着してかぶれの原因になったり、
髪が顔についてニキビの原因
となります。

ですから、よくすすぎ洗いをすることが大切です。
一般的にも、髪も顔も『すすぎ洗い』は『本洗い』よりも
時間をかける事が良い
といわれています。

洗髪をし、充分にすすぎ終わった後に
髪をタオルなどで包んだりしてから、
顔や体を洗うことをオススメします。

最近は、シャワーだけで済ます方も多いと思いますが、
1日の汚れや疲れを取るには、やはり湯船に浸かるのが良いでしょう。

お湯に浸かる場合は、他の人と湯船を共有しているのでしたら、
最低でも『かけ湯』をして、ある程度の体の汚れを落としてから
湯船に入るのが礼儀ですね。

この、湯船につかるというのは、毛穴を開かせる役目もします。
汚れを排出するには、もってこいの状況です。
出来れば、湯船である程度、毛穴を開かせてから洗髪や体などを
洗った方が効果的
です。

とはいえ、忙しい毎日、ゆっくりお風呂につかることも
贅沢になりつつある現代ですが、
1日頑張った体を労わるためにも、
なるべくならお風呂にも時間をかけてあげ、
頭皮汚れをキレイ落としてあげたいものですね。