Staff Blog
トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

2010年10月 のアーカイブ

お肌の「記憶」をリセットする方法

2010年10月28日 木曜日

久々に友人二人とお茶を飲みました。
女子!? 3人集まると話題はスキンケア、
ダイエット、そしてご主人のグチでしょうかね!!

私達の今、一番の関心はスキンケア。
あの化粧品はどうだ、この商品はこうだ・・・。
と周りの目を気にしながらも盛り上がり
日頃のストレス発散しました。

友人も私も今までお肌のお手入れは
いろいろ試してきましたが、
年齢と共になかなか納得の行く結果をすぐ出すことは難しく
仕方ないのかなと諦めていました。

そのうえ、さらに追い討ちをかけるようなことを知りました。
『一般的にお肌のターンオーバーは28日』
と言われているこの数字は、20歳の人を対象にした場合の日数。

20歳過ぎると1歳ごとに1日ずつプラスした日数、
例えば38才の方なら、20+18で38日がターンオーバーに必要な日数。
自分の年齢を考えると、何だか凄い日数になり悲しい気分なのですが、
問題なのは、この計算式も、
『順調なターンオーバーが出来ている人の話し』ということです。

つまり、寝不足やら不摂生な生活をしたり、
お肌の活性力が弱っている人は、
この計算式で出した年齢に+αが加わってしまう
…ということです。
この+αは、その体が持っているダメージ度で、個人差があるそうです。

そして、もっと恐いことにお肌は乾燥状態などを記憶してしまうこと。
その乾燥状態をリセットするためには、
このターンオーバーにかかる日にち分の長期集中ケアが必要になる
など興味深いことを知りました。

私の場合は乾燥状態の肌記憶を消すのに約2ヶ月かかる計算です。
+αしてない事を祈りつつ、お肌しっとりを覚えてもらう為に、
現在2ヶ月間のお肌改善作戦進行中です。
(乾燥の季節的にも真っ只中。)

現在ケアルームでは、ケアルーム限定で
エイジングケアの出来るアイリッチを含めた
スキンケア商品の魅力あるセットを販売
しております。

例えば、
アイリッチ調整水ビタミンC誘導体のセット
税込14280円を税込12000円で購入
出来ます!

他に3種類のセットもご用意してあり、いずれも税込12000円です。
お電話でのお問い合わせも承っていますので、
ぜひ、ケアルームへお立ち寄りの際、またはお電話にてお問い合わせください。 

ナッツパワーで乾燥肌対策

2010年10月21日 木曜日

先日、テレビ番組「世界一受けたい授業」の中で、
ナッツのパワーを紹介していました。

弊社でもクレンジングオイルに配合している
マカデミアナッツオイルは、高い栄養価があり、
今ネットやアロマセラピーのお店では一気に大注目で品薄のようです。

マカデミアナッツオイルの大きな特徴は、
人間の皮膚に含まれる脂肪酸と非常に良く似た
パルミトレイン酸を約20%と多く含む
事です。

脂肪酸の減少は老化との関わりが指摘されるので、
年齢と共に減っていく脂肪酸を補ってくれる役目としての期待が集まっています。
その他にビタミンA・B・Eなどの微量成分も、
保湿や皮膚を柔軟にするなど嬉しい効果
を担ってくれそうです。

実際肌に付けてみると、
オイルの伸び・肌馴染みが良く浸透性も高いので、
その感触を味わうだけでも気持ちのいいものです。
ほとんどの方には付けた後のベタつきなども気にならないのではないでしょうか。

どんなタイプの肌の方にも向いていますが、
特に乾燥肌や成熟肌の方にはオススメです。
これから冬に向けて、特に乾燥が気になる方は
一度お試しになってみて下さい。

ナッツ系のオイルにはアーモンドオイルもあります。
こちらも肌を保護してくれる優れたオイルですが、
マカデミアナッツに比べると粘度が高く、
よりしっかり・しっとりした感じです。

手作り化粧品のような形で使う時は、
オイルを塗る前に化粧水などで水分の補給を忘れないで下さい。

また、ナッツ類にアレルギーのある方は使う前に必ず、ごく少量を肘の内側などに塗って経過をみる
パッチテストなどをしてからご使用下さい。

本来、日本人は梅雨や雪など自然からの保湿のおかげもあって、
しっとりした美しい肌を誇ってきましたが、
最近の天候不順や空調の効き過ぎなど、肌には厳しい条件が増えてきました。

これからの季節、男女を問わず乾燥はお肌の大敵です。
秋の夜長に、これからの美肌への計画を練ってみてはいかがですか?

余談ですが、オイルには精製したものと未精製のものがあります。
未精製のオイルは、まさに“ナッツの香り”が香ばしく、
思わずチョコレートやお菓子を思い出してしまいます!

旬をいただく

2010年10月15日 金曜日

食欲の秋!
今が旬の「秋刀魚(さんま)」漁獲が解禁になり、
9月になると美味しい秋刀魚が食べられますね。

さんまの漢字は、姿かたちが『刀』の様に反り返っているところから
この名が付いたようです。

今シーズンは水揚げ量の関係で、
いつもより少々お値段が高いとのことで心配いたしました。
さて、皆様のお近くのお店ではいかがですか?

秋刀魚は、栄養化も高く
ビタミンD、E、B2、B12などが含まれています。
ビタミンEには若返りや美肌効果があると言われているので、
夏の疲れをいやしたり、
季節の変わり目の肌荒れなどには嬉しい栄養素
です。

また、秋刀魚に限らず青魚(イワシ、サバ、マグロなど)に多く含まれる
EPA(エイコサぺンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、
中性脂肪を下げて悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、
血液の流れを良くして動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果もあります。

またDHAは脳への働きが高く、脳細胞を活性化して情報伝達を早めたり、
記憶を良くしてくれる働きがあることでも有名ですね。

ちなみに髪の成分は、アミノ酸というタンパク質
魚類には、この上質のアミノ酸が多く含まれています。
頭皮の新陳代謝を促すのはビタミンB郡と言われていますので、
この2つを秋刀魚は上手に取れる手軽な食品といえます。

秋刀魚は塩焼きが定番ですが、
料理の素材としても様々なレシピがありますね。
刺身やなめろう、煮魚や南蛮漬け、酢の物や揚げ物、
ハンバーグやつみれ、蒲焼などなど…
中にはご自分でみりん干しを作られるこだわり派も!
私事になりますが、我が家では酒蒸しをつくります。
とても簡単ですよ。

旬のものを頂くのは、体にも良いので
皆様もお好きなレシピを見つけてみて下さい。

円形脱毛症はストレスだけ?

2010年10月8日 金曜日

円形脱毛症はストレスが原因と言われていましたが、
「体内の免疫機構が頭髪の根元を攻撃することでおこる自己免疫疾患」
との新聞記事が先月掲載されていました。

本来なら、病原体を攻撃するはずのリンパ球が
毛根部分をも攻撃してしまうという現象が
以前からみられ
ていて、免疫異常と関連が強いのではないか?
といわれていたそうです。

そこで、実験として体毛の無いヌードマウスと呼ばれるネズミを
人為的に免疫の反応を抑えさせてから、
円形脱毛患者の皮膚を移植したところ、
毛が生えたという実験結果が報告されたそうです。

免疫力(=リンパ球の活動)を抑えたら、
円形脱毛症の方のものでも発毛が認められた
という結果から、
免疫と円形脱毛症の関係性が立証された実験ともいえます。

そのためか、アトピー性の病気を抱えている患者と
重度の円形脱毛発症者の併発の割合も多くみられているようですが、
この件については、どのように関与しているのかは
まだ色々な可能性を秘めており、ハッキリ解明はされていないようです。

とはいえ、
円形脱毛症になったら、ストレスだけとは思わない方が良いようです。
原因によって適切な治療ができるように、
早い段階で専門医に相談が必要です。

例えば、頭髪が抜け落ちる現象が同じでも、
真菌症(水虫が頭皮に発症した状態)などは、
柔道やレスリングなどで畳や床などに頭皮が当たる時間が多いと、
そこからうつってしまう場合があります。
この場合は、飲み薬などの治療が対応されます。

抜毛症(無意識のうちに自分の頭髪を抜いてしまう)などは
子供に多く(犬や鳥、霊長類などのペットや動物園でもよくみられます)、
精神的な要因のため、精神科の受診が望ましいものもあります。

円形脱毛症診療のガイドラインは、8月に日本皮膚科学会が
専門医向けに作成
されたものですが、
症状の重さ(脱毛面積)とそれぞれの進行期、症状固定期の4つに分類し、
22の治療法を検討したそうです。

中には、ステロイドを患部に注射したり、
患部にカブレを起こす薬を塗布して免疫を正常に戻す
「局所免疫療法」というものもあり、
この場合は保健適用外なので、適用を認めてもらえるように
国に働きかけている治療法などもあるようです。

様々なタイプの原因が少しずつ解明されてきているようで、
円形脱毛で悩んでおられるお客様の不安が、
少し解消される朗報だったのではないかと思います。