Staff Blog
トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

2011年7月 のアーカイブ

癒し技術:シローダーラー

2011年7月30日 土曜日

「疲労臭」ってお聞きになったことはありますか?

雑誌やTV番組などで取り上げられている言葉です。

この「疲労臭」に興味があり、調べてみると

・疲れている人の独特な臭い

・慢性疲労とつながることでデトックス(解毒)機能が低下してくることおこる臭い

・汗臭さや、加齢臭とは違うもの

体には尿素回路というものがあってアンモニアを無毒、無臭化して尿素を

作りますが、この回路がきちんと働かないと血液中のアンモニア濃度が高くなり

皮膚ガスと一緒に体外に排出される。

人間の嗅覚もさることながら、今は、癌をわずらっている方の臭いをかぎ分けられる犬が

いるそうですから、疲労臭があっても納得してしまったのは私だけでしょうか?

代謝や、消化機能のバランスを崩しやすこの時期、規則正しい食事、生活、睡眠、

を心がけ時には全身の力を抜いて疲労を回復につとめたいものです。

最上のリラックスを得られる癒しの技術シローダーラーは、

国際伝承医学センターの上馬場和夫先生の研究によると施術者の中には宇宙に漂っ

ているような、あるいはお母さんのおなかの中で漂っているような感じ、終わったあとは

なんともいえない幸福感に満たされる方もいます。

ヘアケアルームでは、この癒し技術のシローダーラーが体験できるコース、

ヘッドシャンプーのコース、頭皮マッサージ、デコルテライントリートメントなどオプショナル

メニューも充実しております。

8月は、平日の11:30~15:00までご予約にかぎり

シローダーラーコース通常税込¥7000円が4000円(ロング料金、クイックドライ料金

は別途)夏のシローダーラーキャンペーンをおこないます。

(8月13日~16日を除く)また、お盆も月曜日を除き、通常営業いたしております。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

夏の「保湿」を考えてみましょう

2011年7月14日 木曜日

梅雨明けと同時に、真夏の気温と紫外線の強さが増してきました。

屋外では紫外線による日焼けで肌の水分は奪われていきます。

また大量の汗により体全体が「乾いている」状態に・・。

(汗は身体の温度調整のために重要な役割を担っています。)

この時、お肌はというと・・・

ナトリウムとカリウムのバランスがアンバランスとなりコラーゲン細胞(コ

ラーゲンを作り出す細胞)が不活性になってきます。

コラーゲン細胞はカリウムの刺激によりアミノ酸からコラーゲンを生成します。

またコラーゲンが不足すると同時にヒアルロン酸も居場所を失い当然肌のハリも失われ

てしまいます。夏の暑さから解放される秋口にお肌が悲鳴をあげていることに気が付く

方が多いと思います。メイク時に大量の発汗により、基礎のお手入れをおろそかにしな

いよう注意しましょう。

夏のお肌の保湿対策でおすすめのアイラボスキンケア商品をご紹介いたします。

肌荒れや、くすみ廊下の原因となる※プロトン=プラスイオンなどの有害物質を無害物質

に変換させる有機ゲルマニウムを配合したアイラボ「調整水」。

 ※プロトンはストレスや紫外線により肌の栄養分や酸素分解が不完全になったプラスイオン化した分子電子のことで、お肌の血流を悪くしたり(くすみ)細胞膜を傷つけ体を酸性化させます

メラニン色素の還元やコラーゲン生成に効果的なビタミンC誘導体を高濃度10%配合の

水溶液に抗炎症や活性酸素を消去が期待できるホウセンカエキスを配合した

「エッセンスC」

この2つの成分の相乗効果によりメラニン色素の生成を効果的に抑制します。

身体の中から、ナトリウム、カリウムを含む食材を意識的に食することや、体内に発生す

る活性酸素を防ぐビタミンC,ビタミンE,βカロチンなどを含む食材の摂取が大切となり

ます。

夏バテ防止・吸収率アップの食材の食べ合わせ

2011年7月5日 火曜日

夏野菜の代表 にがうり・ゴーヤ。

ビタミンCの含有量はレモンの約3倍、キャベツの2倍あるそうです。

ビタミンCは、熱に弱いため調理過程で大半は失われてしまいます。

しかしゴーヤのビタミンCは熱に強くさらにカルシウム、カリウム、リン、鉄などミネラルも豊富です。

しかも、この野菜の栄養素はたんぱく質とともに摂取することで、吸収率がアップするそうです。

代表的なゴーヤチャンプルは、大豆蛋白質の豆腐、さらに玉子が、入っております。

ストレスに対する抵抗力が高まったり、美容面ではコラーゲンの生成を促すすぐれた料理なのだそうです。

なるほど・・と関心していました。

食材も食べ合わせや、組み合わせにより体内吸収率がアップするもの、相性が悪いと言われるものが

多くあるようです。うなぎと梅干、スイカに揚げ物は有名ですね。

きゅうりとトマトも組み合わせの相性が悪いという一説もあるようです。

水分補給が頻繁になる夏は、胃酸が薄まるため消化機能も崩れやすいので、さらに注意しましょう。